So-net無料ブログ作成
映画(外国) ブログトップ
前の10件 | -

機内での映画鑑賞 [映画(外国)]

先月、毎年恒例の社員旅行に出掛けたのですが、
ひとまずそのレポは置いておいて、
行き帰りの飛行機で鑑賞した映画について書き残しておきましょう。

往復JALのエコノミー利用なんですけど、
かつては全座席共通で配信スタートされていたので、
例えば上映時間2時間の作品Aを鑑賞し終えて、
次に2時間15分の作品Bを鑑賞するとしたら、
15分間待っていなければならなかったり、
その逆だと作品Aの冒頭15分間が見られないという状況だったのですが、
現在は各座席ごとに配信が独立しているので、
鑑賞の合間に睡眠をとろうが、寝落ちしたところから見直そうが自由自在なのです。

いやぁ、ありがたいですよねぇ。

もともとnomameは時差ボケ防止に、飛行中は眠らずに通すため、
今回もガッチリ鑑賞。
往復で20時間ほどかかるルートなので、合計8本鑑賞できました。
鑑賞チケット1800円と考えても合計14000円あまりですから、
これはこれでお得感ありあり。(笑)

作品は
往路に邦画の「64-ロクヨン-前編」、「64-ロクヨン-後編」、
その後は洋画続きで、
レオナルド・ディカプリオが念願のアカデミー賞を獲得した「レヴェナント:蘇えりし者」、
バットマンシリーズの「ダークナイト ライジング」を途中まで。
復路は続きを鑑賞してから「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」に進み、
今秋の「ジェイソン・ボーン」公開に向けての復習で、
「ボーン・アイデンティティー」、「ボーン・スプレマシー」、「ボーン・アルティメイタム」の3部作。

かつて毎晩のように鑑賞に出掛けていたのを思い出しつつ、大満足でした。

狭くて窮屈なイメージのエコノミーですけれど、
JALではシートが新型に代わり、足元も若干広くなりました。
映画、音楽、ゲームなど
機内エンタメもより自由に楽しめるようになりましたから、
旅行者数も増加していくかもしれませんね。


nice!(3)  コメント(0) 

『リンカーン』を観てきました [映画(外国)]

前売券を購入したものの、なかなか観に行けませんでしたが、
いよいよ上映回数も減ってきた28日(日)に観に行ってきました。

『リンカーン』
公式ページ http://www.foxmovies.jp/lincoln-movie/
   344128view002.jpg

解説:
巨匠スティーヴン・スピルバーグによる、第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンの伝記ドラマ。奴隷制の廃止と禁止を強固なものにし、泥沼化した南北戦争を終結させるため、憲法の修正に挑むリンカーンの戦いを重厚なタッチで映し出していく。『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』などのダニエル・デイ=ルイスがリンカーンにふんし、国と人民の未来をめぐる理想と現実に苦悩する彼の胸中を見事に体現。『50/50 フィフティ・フィフティ』のジョセフ・ゴードン=レヴィットら、脇を固める実力派の妙演も見逃せない。
(シネマトゥデイ)

主演のダニエル・デイ=ルイスさん、見事にアカデミー賞主演男優賞を獲得されましたね。
   w970461498-view.jpg

ちょこっとネタバレしちゃうと、
有名な演説シーンや暗殺そのものの瞬間には触れていなくて、
ひたすらリンカーンを一人の人間として表現していて、
歴史上の人物というよりも、
父親として、
   344128view012.jpg

夫として、
   344128view001.jpg

信念に殉じた政治家として、
   344128view004.jpg
魅力的に描かれていたように思います。

あと素晴らしかったのは脇を固めるトミー・リー・ジョーンズさん。
   w436659-view.jpg

最近の日本では“缶コーヒーを飲む宇宙人”として認識されちゃっていますけど、(笑)
さすがにハリウッド俳優。味わい深い演技でした。

個人的にはジョン・ウィリアムズの音楽とシカゴ交響楽団の演奏にニンマリです。
nice!(6)  コメント(0) 

『レ・ミゼラブル』と『007 スカイフォール』 [映画(外国)]

今さらですが、
お正月に鑑賞した2作品を簡単にレポ。

まずは『レ・ミゼラブル』
566363_309263019185680_1841833894_n.jpg
妻ともども観に行きたいねってことで前売り券を購入したものの、
気付けば年の瀬。(汗)
慌てて正月3日に出掛けてきました。

帝劇のミュージカル版でも感動を重ねた作品ですが、
映画も素晴らしかったですねぇ。
涙ふきーの、鼻すすりーの、大変でした。(笑)

nomameの中の発見は、
ミュージカルで耳に残っていた
警官ジャベールが歌うジャン・バルジャンの囚人番号24653(にーよんろくごーさん)が
この英語の原作では24601(とぅーふぉーしくすおーわん)なんですね。
なるほど、日本語で歌うと語呂が良くないのか
発音を近付けて変更したようです。
ちょっとしたことですが、改めて外国ミュージカルの日本公演の難しさも知りました。

ちなみに同じく感動した妻の感想を聞いて
影響を受けたnomameの母親も観に行ったみたいで、
えらく感動していました。(笑)
フェイスブックを見ても、この年末年始に観に行かれた方が
けっこういらっしゃいましたね。

続いて『妖怪人間ベム』を観に行く妻と別れて、(笑)
nomameは『007 スカイフォール』を鑑賞。
565323_309320159179966_568118197_n.jpg
ダニエル・クレイグさんのジェームズ・ボンドも3作目ですけれど、
nomameはすっかりファンになりました。

それに、これでもかっていうくらいの贅沢感満載の映像の連続。
アクション、スタント、風景、気になるアイテム、
“007” という格を見せつけてくるれのが心地よいですよね。
あとは悪役のハビエル・バルデムさん。
あの不気味さ・気味悪さが
いつのまにかカッコよく見えるんですから不思議なものです。

去年はほんの数本しか鑑賞できませんでしたが、
今年は月に1~2本くらい観に行けるようにしたいですね。
nice!(7)  コメント(0) 

『STAR WARS エピソードI/ファントム・メナス 3D』 [映画(外国)]

昨日の衝動的映画鑑賞。(爆)
『STAR WARS エピソードI/ファントム・メナス 3D』 を観てきました。

解説:
1999年に公開され、世界中を熱狂させたSF映画の名作『スター・ウォーズ』シリーズの序章の新バージョン。最先端デジタル・テクノロジーをフル投入しただけではなく、初公開時には見られなかった3分間の映像を追加収録し、パペットであった人気キャラクター「ヨーダ」をCG製に差し替えるなど、およそ7年振りに放たれたシリーズ最新作ともいうべき趣の作品へと仕上げている。迫力と臨場感が増したビジュアルには、リアルタイムで旧バージョンに親しんだファンも驚かされてしまうはずだ。
(シネマトゥデイ)

1999年の公開時を思い出しますねぇ。
エピソード4~6はDVDでの鑑賞だったので、
生まれて初めて劇場のスクリーンで観る 『STAR WARS』 に大興奮でしたっけ。

今となっては全6部作のストーリーも掴んでいるのですが、
そうした先を知っている状況であっても、
まったく飽きることなく、期待を裏切ることもなく、
存分に楽しませて頂きました。

残るエピソード2~6も、随時3D公開してほしいなぁ。
・・・・てことは健康で長生きしないと!(笑)
nice!(8)  コメント(0) 

『シャンハイ』 [映画(外国)]

昨日観てきた『シャンハイ』の簡単なレポです。

339308view001.jpg
公式ページ http://shanghai.gaga.ne.jp/

解説:
『ザ・ライト -エクソシストの真実-』のミカエル・ハフストロームが監督し、1941年の上海を舞台に描くアメリカ・中国合作のサスペンス大作。太平洋戦争勃発(ぼっぱつ)前の日本軍占領下の上海で、あるアメリカ諜報(ちょうほう)部員の死の裏に隠された男女の悲しい運命の物語を紡ぐ。『ハイ・フィデリティ』『2012』のジョン・キューザック、『SAYURI』コン・リー、香港の名優チョウ・ユンファ、渡辺謙や菊地凛子らが豪華共演。激動の時代を生きた人々の愛と宿命のドラマが感動を呼ぶ。
(シネマトゥデイ)

渡辺謙さんがやたらとテレビで宣伝されていて、
nomameも妻も、前売券を購入するほど期待大!
上映劇場や回数が非常に少なくなっているのにもめげず、
昨夜観てきたわけですが・・・・・・。

うーん、もったいないなぁ。
豪華キャスト陣の演技はどの方も素晴らしいんですよ。
チョウ・ユンファさんの迫力、渡辺謙さんのしたたかさ、
コン・リーさんの奥深い女性像、ジョン・キューザックさんの人間味、
まあ菊地凛子さんはイマイチ場面が少なかったけれど・・・・・。

愛、陰謀、友情、歴史、サスペンスといった
作品としての要素はふんだんに盛り込まれてはあるものの、
それらがほとんど中途半端に終わってしまっていて、
結局のところテーマとかメッセージが足りない感じでした。
“何が言いたいんだろう?” という評価で終わってしまうんでしょうね。

確かに妻の反応もイマイチでしたし・・・・・。(苦笑)

あ、でもnomame的には面白かったし、見応えのある好きな作品ですよ。
映画を観ているというよりも、
小説を読み進めているようなテンポ感が合っていたような気がします。

あと作品の感想ではありませんが、
普段利用しているTOHOシネマズはTHX仕様なので、
昨日の音響品質にはイマイチ不満が残りましたね。
nice!(8)  コメント(2) 

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』 [映画(外国)]

先週の金曜日、現実逃避に出掛けた映画のレポです。(爆)

観てきたのは 『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』
いやぁ、観たい観たいと思いながら、2カ月近くが経過してしまいました。

公式ページ http://www.tf3-movie.jp/

解説:
あらゆるテクノロジー機器にトランスフォーム(変身)する金属生命体と人類の攻防戦を、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮、マイケル・ベイ監督のタッグで描くSFアクション超大作のシリーズ第3弾。最終章となる本作では、物語の主戦場を宇宙まで広げ、トランスフォーマーたちによる地球侵略を圧倒的なスケールで活写。社会人になった主人公をシャイア・ラブーフが熱演するほか、シリーズ初のフル3Dによる映像世界も見ものだ。
(シネマトゥデイ)

あ、関係ないですが、
しばしば画像をお借りしている 「Yahoo!映画」 のフォトギャラリーには
肝心のトランスフォーマーたちの画像が一切公開されていないんですね。
まあ確かに静止画像をまじまじと見てしまうことで、
かえって興ざめしてしまいますもんね。
これはこれで細かい配慮なのかも知れません。

というわけでnomameの感想。

メチャメチャ面白かったですよ!
上映時間は154分、まったく飽きませんでした。
思うに、主人公の私生活とか、人類側やトランスフォーマー側の葛藤とか、
はしょり方が上手かったと思うんですよね。
言い方を変えれば無理矢理感って言うのかしら?(笑)

つながりとか裏付けとか、
観客の “?” を一切気にすることなくゴーイングマイウェイに徹したことが、
かえって良かったんでしょうね。
恐るべし、スティーヴン・スピルバーグとマイケル・ベイ!

確かにnomameみたいに、この手が好きなユーザーは
“?” を感じることなくワクワク見続けますから・・・・・。(笑)

逆に、機械の腕がもぎ取られてオイルがボタボタと流れたり、
悪役の攻撃を受けた人類が一瞬にして白骨化したり、
そうした細かい描写が気になってしまう方には向かない作品でしょうね。

「トランスフォーマー」・・・・・nomame的には大好きなシリーズになりました。
nice!(9)  コメント(6) 

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』 [映画(外国)]

お盆休み前のことですが、
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』 を観てきたので簡単にレポ。

336888view001.jpg
公式ページ http://wwws.warnerbros.co.jp/hp7b/index.html

解説:
J・K・ローリング原作のベストセラー・ファンタジー小説を映画化し、世界的大ヒットを飛ばした映画版最終章。主人公ハリーと宿敵ヴォルデモート卿の本格的決戦により、魔法界全体を二分する戦いの火ぶたが切って落とされる。前作同様監督はデヴィッド・イェーツが務め、今回も主演のダニエル・ラドクリフをはじめおなじみのキャストが集結。フィナーレへと向けたハリー最後の冒険を描く、シリーズ初の試みとなる全編3D映像は見逃せない。
(シネマトゥデイ)

いやぁ、すごかった!すごかった!
くくりとしては運命とか冒険とかを交えたファンタジー作品なんでしょうけれど、
この最終作はアクションとか戦闘シーンも多くて、
観ていて気持ちが緩んでしまうようなこともなく、
それでいて謎めいた背景とかが明かされたりして胸に迫る場面もあって、
(例えばスネイプのことね)
観終わってからも、余韻に浸る時間が心地良かったです。

あいにくnomameは原作を読んでいないし、
全作品鑑賞してきたとはいっても、それぞれ1回きりですから、
記憶があいまいな部分もチラホラ・・・・・。
それでも10年間続いた大作を観終えたのは、なんともいえず満足感がありますね。

ちなみに3D字幕版で観たので、
TOHOシネマズ向けの3Dメガネを購入。
自分の眼鏡に付けるクリップタイプのやつです。
何作観たら元とれるかなぁ・・・・・。(爆)
nice!(6)  コメント(0) 

『ブラック・スワン』 [映画(外国)]

帰宅してから夕食を済ませて『ブラック・スワン』を観てきました。

337733view001.jpg

解説:
『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監督と、『スター・ウォーズ』シリーズのナタリー・ポートマンがタッグを組んだ心理スリラー。内気なバレリーナが大役に抜てきされたプレッシャーから少しずつ心のバランスを崩していく様子を描く。芸術監督を演じるのは、フランスを代表する俳優ヴァンサン・カッセル。主人公のライバルを、『マックス・ペイン』のミラ・クニスが熱演する。プロ顔負けのダンスシーン同様、緻密(ちみつ)な心理描写に驚嘆する。
(シネマトゥデイ)

公式ページ http://movies2.foxjapan.com/blackswan/

337733view002.jpg

いや~、さすがアカデミー賞主演女優賞。
ナタリー・ポートマン、すごかったですね。
解説にあるようにスリラーとしての緊張感と肉体的苦痛のゾワゾワ感が
観ているこっちにまでジンジンきましたね。

おそらく“まったくダメ”という方も多い作品かもしれませんが、
nomameはメチャメチャ共感または理解できちゃうんですよ。
言うなれば、芸術家が誰でも歩む可能性がある道、とでもいうんでしょうか。

完璧を求めるがゆえに、
肉体や道具の整備に全力を尽くすうちなら良いものの、
やがてライバルの存在に恐れおののき、
他人の意見を取り入れる余裕も無くなり、
現実逃避のために薬物を正当化し、
その究極が死に結び付くと自己完結してしまう。

う~ん、音楽やっていても近い感覚あるよなぁ・・・・・。(汗)
あくまでも極端な例ですけどね。

学生時代に演奏したことのある『白鳥の湖』が全編で流れ、
その点では懐かしく楽しむことが出来ましたが、
芸術を前にした人間の繊細さと芸の中で生きる難しさを
思い知らされた作品でしたね。
nice!(5)  コメント(4) 

『英国王のスピーチ』 [映画(外国)]

GW中のことですが、妻と『英国王のスピーチ』を観てきました。

338127view001.jpg
公式ページ http://kingsspeech.gaga.ne.jp/

解説:
吃音(きつおん)に悩む英国王ジョージ6世が周囲の力を借りながら克服し、国民に愛される王になるまでを描く実話に基づく感動作。トロント国際映画祭で最高賞を受賞したのを皮切りに、世界各国の映画祭などで話題となっている。監督は、テレビ映画「エリザベス1世 ~愛と陰謀の王宮~」のトム・フーパー。ジョージ6世を、『シングルマン』のコリン・ファースが演じている。弱みや欠点を抱えた一人の男の人間ドラマと、実話ならではの味わい深い展開が見どころ。
(シネマトゥデイ)

まずは第83回アカデミー賞「作品賞」「監督賞」「主演男優賞」「脚本賞」受賞!
おめでとうございます!

さて時間もたってしまったので簡単に・・・・・。

なんといっても
コリン・ファース演じるジョージ6世と、
   338127view002.jpg
ジェフリー・ラッシュ演じるライオネル・ローグ
   338127view005.jpg
この2人の信頼関係に
ヘレナ・ボナム=カーター演じるジョージ6世の妻・エリザベス
   338127view009.jpg
の愛情が加わって、
とっても温かな作品でしたね。

逆に宣伝からだけだと勘違いしやすい作品かも知れません。
ジョージ6世が劇的に吃音を克服した感動作、というよりも、
吃音に負けないで、信頼するローグの力を借りて、自分を信じて挑戦した物語。
nomameはそんなふうにとらえています。

それの対比なのでしょうか。
夫婦愛を温かく表現している場面も多くて、そこも良かったと思います。
   338127view003.jpg
   338127view006.jpg
   338127view016.jpg
   338127view019.jpg
やっぱりヘレナ・ボナム=カーター、素敵だなぁ。

あ、もちろん泣けちゃう場面もあって、
ある演説シーンでBGMにベト7の2楽章を使われたのには参った!参った!
命に響いてきましたね。

不思議なもので、作品全体に格式、落ち着き、重厚などなど、
“英国風” とも言うべき雰囲気に溢れていたのは、
単に美術や衣装の問題だけではなくて、
製作側の幅広い努力の賜物かも知れませんね。
nice!(8)  コメント(0) 

飛行機で観た映画 [映画(外国)]

すでに10日がたってしまい、旅の余韻なんか吹っ飛んじゃっていますが、(笑)
先日のオーストラリアへの機中で鑑賞した洋画を2本。

1本は『ヒアアフター』
スティーブン・スピルバーグ製作総指揮
クリント・イーストウッド監督による作品。
わりとたんたんと進んでいく作品でしたね。
マット・デイモンの演技は滲み出る苦悩とか、
もがき苦しむ青年像とか、さすがでしたね。

この作品、実は現在は上映中止となっています。
今回の大震災を連想してしまう描写があるからです。
観てしまったnomameとしては・・・・・うーん、やむを得ないかなぁ。

もう1本は『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』
申し訳ないけど前作でコケちゃってましたからね。(苦笑)
それもあって公開時には、イマイチ劇場に足が向かなかった作品。
まあ、これを観ておかないと最終作に続かないし、
タダで観れちゃったのは儲けもんでしたね。

それにしても、最近の閉塞感漂う毎日をスッキリと晴らすために、
映画でも観に行きたいんですけど、
各劇場の営業も縮小傾向にあるんですよね。
まあ無理のないことですが・・・・・。
nice!(10)  コメント(0) 
前の10件 | - 映画(外国) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。