So-net無料ブログ作成
検索選択

富士響の定期でコントラデビュー [演奏活動]

富士交響楽団の定期演奏会が大成功で終了しました。
忘備録の意味も含めて、少し書き残しておこうと思います。

プログラムは
チャイコフスキー 歌劇「エフゲニー・オネーギン」より「ポロネーズ」
チャイコフスキー バレエ組曲「眠れる森の美女」
ロッシーニ 歌劇「セビリアの理髪師」序曲
レスピーギ 交響詩「ローマの松」

楽団としても意欲的なプログラムでしたし、
もろもろ高いハードルを乗り越える本番になりましたが、
今回はnomameがコントラファゴットを初めて吹くという、
パートとしても一歩前進の機会になりました。

今回の選曲が決まってから、早速スコアで出番を確認。
楽団員のTさんにも相談しながら、
吹く箇所もそれほど多くないし、
1カ月あればnomameでも吹けるだろうとのことで、挑戦することになりました。
nomameが出番の多くないコントラやれば、1stと2ndにベストメンバーを置けますからね。

いや~、最初は大変でしたよ。
1音1音、運指表を見ながら音を出すんですけど、
音域が低くて、音程がまったく聴き取れないんです。
それにノーマルのファゴットと、ほぼ運指は一緒とはいえ、
微妙な位置の違いで、となりのキーを押してしまうことが続いたり・・・。

ゆっくりと音階練習を重ねながら、
慣れたメロデイーの童謡や愛唱歌などで音感をつかみつつ、
ようやく「ローマの松」の楽譜に入り始めたんです。
夏の間の週末やお盆休みの空き時間は、
ほとんどコントラの練習に費やしましたねぇ。

自己判断していたリードの選択でも、
たくさんの方のアドバイスでベストの選択ができて、
結果的にはnomameとしても悔いなく、楽しく、最高の本番になりました。

で、本番の様子はコチラ。
無題.jpg

もうこのころにはノリノリで吹きまくっていましたね。(笑)

ちなみに本番全体としては
「ポロネーズ」、「眠り」、「松」の1曲目で、いずれも2ndアシスタントとしても乗っていたので、
曲中での持ち替えも初挑戦でした。
IMG_2294.JPG
本番中にファゴットを右側に置いて、しばらく待機してから左側のコントラを構える。
ノイズ出さないようにビクビクしている一方で、
お、なんか本物の持ち替えコントラファゴット奏者っぽい? なんて喜び噛み締める不届き者。(爆)

なんだかんだでファゴット吹き始めて丸35年になるこの9月。
その35年分の思いと1カ月間の積み重ねた努力をすべて出し切れた本番になりました。


nice!(3)  コメント(2) 

nice! 3

コメント 2

みやかつ

コントラに挑戦!すごいねー。
あの低音がたまらない。
もちかえたいへんなのね。
5弦ベースのほうが楽だな。多分。
お疲れ様でした!

先日、三管編成のアレンジでたっぷり使いましたよ。コントラファゴット。
重低音素晴らしい!
by みやかつ (2016-10-01 06:56) 

nomame

≫みやかつさん
ありがとうございます。不安抱えながらでしたが、悔いなく楽しく取り組めました。やっぱり低音ワールドは素晴らしい世界だね。
by nomame (2016-10-02 15:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。